イオン下大利店が2019年3月31日に閉店。閉店後はマンション一体型のマックスバリュに!?

イオン下大利店が2019年3月31日に閉店。閉店後はマンション一体型のマックスバリュに!?

福岡県大野城市にある、イオン下大利店が2019年3月31日に閉店することが決定。

西鉄電車の急行停車駅でもある下大利駅から徒歩3分とアクセス便利で大野城を代表する商業施設イオン下大利店。

店内には、食料品売り場(スーパーマーケット)、自転車、クリーニング、衣類、ゲームセンター、家具家電(小型)、薬局、パン屋、フードコート、100円ショップ、本屋などがあり、宝くじ売り場、JAが隣接されている。

イオン下大利店の歴史

イオン下大利店は、ダイエー下大利店として1987年に開業。

長年、ダイエー下大利店として営業を行うも、経営悪化で2005年に店危機を迎える。

その後、2015年にダイエーがイオングループとなり。

ダイエー下大利店はイオン下大利店となった。

近年では売り上げ利益も良くなり、建物の老朽化の為、再建を行うとのこと。

イオン下大利店の今後

イオン下大利店の周りには、筑紫中央高校や春日高校等もあり学生時代にお世話になった方も多いのではないでしょうか。

長年、近隣住民や学生さんに愛されたイオン下大利店、さみしい思いもありますが、閉店後の再建計画には、3・4年後にマンション一体型のマックスバリュができるという噂もあり。

今後ますます楽しみです。